スポンサーサイト

  • 2007.03.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


足裏反射療法

足裏マッサージとは、足の裏を刺激することで、体の内側にある臓器や器官の働きを整える反射療法のことです。足裏にある「反射区」は、臓器や器官とつながっていて、その「反射区」を刺激することで、臓器や器官を直接刺激するのと同じ効果が期待できます。

はやりの足裏マッサージは、リフレクソロジー、足底療法などとも呼ばれています。足は第2の心臓と呼ばれていますが、足裏には、内臓や器官につながっている「反射区」があり、この「反射区」を刺激することで、からだ全体のバランスを保つことができるのです。

人気の足裏マッサージの正式名称は、足裏反射療法というそうですが、その他にも足底療法、リフレクソロジーなどとも呼ばれているようです。足裏をマッサージをすることで、血行促進、体中の不要な水分、老廃物などの排泄を促すことが出来ます。

足裏を足裏マッサージで刺激することは、体内の臓器や器官を直接刺激するのと同じ効果があります。体内の臓器や器官は直接刺激することはできませんが、足裏にある「反射区」は臓器や器官とつながっているので、足裏を刺激することで体の中を健康に保つことが可能なのです。

足裏マッサージノウハウ

短時間で気軽に足裏マッサージは利用でき、効果もすぐに実感できる点が魅力ですが、体に良いからといっていつでもしていいとは限りません。食事や飲酒の直後や高熱がある場合、どこか炎症がある方や生理中、妊娠中、高血圧の方などは、施術前に申し出ることが必要です。

ポイントですが、足裏マッサージを店舗で施術してもらう時の注意点として、食後は1時間位開ける、高熱があるときは避ける、流産の危険性のある妊婦の方や骨折や脱臼をしている方、炎症がある方などの施術は控えるということです。詳しくは、利用する店舗に確認することが必要です。

実は足裏には全身の反射区があり、足裏マッサージをしてみて、痛いところや硬いところはその臓器や器官が弱っているといえます。その部位は丁寧にもみほぐすとよいでしょう。しかし、あまり強く揉んだり押したりしなくても効果はあるので、足の裏が赤くなるまで1ヵ所だけを刺激するのはよくないようです。


覚えておくと良いのですが、足裏マッサージの施術後には、白湯や温かいお茶がを飲むようにすると、体内の老廃物が早く排泄されます。もちろん、アルコールは水分には含まれないので、控えたほうが良いでしょう。また、急激な運動は避けるようにし、ゆったりとリラックスすることが大切です。

足裏マッサージと癒し

毎日靴を履いている血行不良の現代人にとって、足裏マッサージは最高の癒しといえるでしょう。蓄積された疲労が解消され、リラックスと健康を手に入れることができるのです。店舗に行かなくても、毎日、自分でマッサージするだけでも効果はあるようです。
足裏マッサージは、店舗に出向かなくても、自分で簡単にすることができます。最近では、足裏マッサージ機器などもたくさん販売されています。青竹踏みや健康サンダルで足裏を刺激するだけでも効果がありますし、ウォーキングは足裏全体へのマッサージといえるでしょう。

ネットショップや百貨店などで、たくさんの足裏マッサージ機器が販売されています。店舗に行く時間のない方は、さらに手軽で簡単に足裏マッサージをすることができます。マッサージ機器を購入しなくても、親指や棒などで刺激するだけでも効果的で、疲れも解消できるのではないでしょうか。

自宅で、毎日5分ほど足裏マッサージをするだけでも、かなりの効果が期待できるようです。

足裏マッサージのお店が増えて、気軽に行けるようになったとはいっても、毎日利用するのは時間的にも経済的にも大変でしょう。最近では、さまざまな足裏マッサージ機器が販売されているので、自宅で、毎日自分で足裏マッサージをしてみてはどうでしょうか。毎日少しの時間でも続けることは、たまにお店に行くよりも効果的なようです。

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM