スポンサーサイト

  • 2007.03.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


酢には大きく分けて2種類あります

酢には、合成酢と醸造酢があります。合成酢は化学合成で作られた氷酢酸を水で薄めて、甘味料や調味料を加えたものですが、あまりみかけません。醸造酢は米、麦、果実などを熟成発酵させして作られています。この醸造酢の方が現在では主流になっています。

現在ではほとんど見かけることが少なくなった「合成酢」と主流になっている「醸造酢」です。合成酢は石油から化学合成して作られた氷酢酸に水を加えて、調味料などを加えたものです。また「醸造酢」は米などの自然の材料を熟成発酵して作られています。



健康に良い酢の種類

健康に良い酢の種類としては、玄米や大麦を天然発酵し長時間熟成させているので天然の有効成分が豊富に含まれている黒酢、沖縄の地酒「泡盛」を作る過程で残るもろみ(酒かす)から抽出して作るもろみ酢、リンゴの果汁を発酵・熟成させて作るリンゴ酢などがあります。

醸造酢にはどんな種類のモノがあるか見ていきます。まずは穀物酢の「黒酢」ですが、これは玄米や大麦などを用いて天然熟成発酵しているので、体に良い成分が多く含まれており、とても人気があります。それ以外には、「もろみ酢」のように酒かすから作るモノや、果実酢では、バナナを用いたバナナ酢、りんごを用いたりんご酢などもあります。

体に良いといわれる醸造酢にも「穀物酢」と「果実酢」があります。穀物酢には米酢、黒酢などがあり、これらは米や大麦をもとに天然発酵して作られたものです。

それぞれに天然の有効成分が違うので、自分に適した酢を使うべきでしょう。

酢の効能

酢の種類はこれぐらいにして、酢の効能についてですが、酢には血液をサラサラにする動脈硬化予防、酢酸やクエン酸が疲労の原因物質である乳酸を分解してくれるため疲労回復効果、酢に含まれるアミノ酸が脂肪を抑える働きをするので肥満防止、他に糖尿病の予防や高血圧の予防効果などがあると言われています。

一番気になる酢の効能についてですが、よくいわれているのが血液をさらさらにして動脈硬化の予防、酢酸やクエン酸などが疲労原因物質の乳酸を分解してくれるので疲労回復の効果、また酢に含まれるアミノ酸も脂肪を分解する働きにより、肥満防止につながるようです。ぜひ酢を活用して健康的な生活を送りましょう。

酢に含まれている酢酸やクエン酸などが、疲労原因物質といわれている乳酸を分解するので、疲労が溜まりにくく、疲労回復効果などがあるようです。またアミノ酸は体内での代謝促進や身体全体のバランスを整える上で大変重要な栄養素となります。うまく摂取して健康的な身体にしていきましょう。


酢の種類によって、成分が違うため効能も変わってきますが、たとえば酢に含まれるアミノ酸は体内での代謝促進や身体全体のバランスを整える上で大変重要な栄養素です。その効果が顕著にあらわれているのが、中国の女性です。揚げ物などの油料理が多いのに、中国の女性に肥満体質が比較的少ないのは、料理によく用いられる酢によるアミノ酸効果なのです。

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM