スポンサーサイト

  • 2007.03.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


インスパイリングエクササイズ

インスパイリングエクササイズとは、女優さんやタレントさんのパーソナルトレーナーとしてボディーメイキングなどで活躍しているMicaco(ミカコ)さんが考案した主に骨盤矯正に重きをおいたエクササイズのことです。

インスパイリングエクササイズとは、スタジオ インスパイリング主宰 のMicaco(ミカコ)さんが考案したエクササイズのことです。“体の内側を刺激して鍛えることで体の中心でしっかり骨格をささえ表面は女性らしいやわらかさを残したボディをつくる”エクササイズだそうです。

インスパイリングエクササイズとは、生活しながら自然に痩せやすい体作りができるエクササイズです。考案者はスタジオ インスパイリング主宰 のMicaco(ミカコ)さんです。女優やタレントにボディーメイキングなどの指導もしているそうです。

出産・育児などが原因で、女性の身体が持つ本来の美しさを失っていくのを防げないかということで考えだされたそうです。

Micacoさんは従来のエクササイズプログラムに内在するバランスの悪さや実効性の弱さを感じ新しいエクササイズを作ったそうです。

竹内結子さんが産後行ったダイエット

竹内結子さんが産後行ったダイエットで、ウェストを8センチダウンに成功し、どんなダイエットを行ったのか話題になっています。そのダイエット方法が、インスパイリングエクササイズと言われる最新ヨガ・ピラティスのような体操です。
竹内結子さんが、インスパイリングエクササイズを使用したダイエット方法で、産後にウェストを8センチもダウンさせたそうです。このことが、現在妊娠中や出産後の人のあいだで話題になり、インスパイリングエクササイズというのが広まっているようです。
妊婦さんや出産後の人たちの間で、話題になってるダイエット法があります。それは女優の竹内結子さんが行ったインスパイリングエクササイズというダイエット方法です。竹内さんはこの方法で、産後ウェストを8センチダウンに成功したそうです。
最近アメリカから上陸したヨガ、ピラティスのような体操、インスパイリングエクササイズというのが話題になっています。話題になったのは、女優の竹内結子さんがインスパイリングエクササイズで、産後のダイエットに成功したからです。
女優の竹内結子さんが産後にもかかわらず、今までと同じようなスタイルを維持できているのはなぜか分かりますか?それはインスパイリングエクササイズと言われる、ピラティスのような体操を行い産後ダイエットを行ったからです。

産後ダイエット1

産後のダイエットについて、あなたは心配ではありませんか?。おなかのぽっこりが戻らない、出産前の服が着れないなどお悩みも様々。妊娠をすると、どうしても運動をしたり、普段ちょっと体を動かすことも制限されるようになります。

そして、お腹が大きくなるため、体をねじることもしにくくなるし、ひとつひとつの動作がゆっくりになります。それでは、筋肉もおとろえて、基礎代謝が下がり、太りやすい体質になってしまいます。おまけに、骨盤が開いた状態にあるせいで、下腹部が出たり、お尻が大きくなる原因にもなります。

産後は、元の体型に早く戻したい気持ちはわかりますが、決して無理なダイエットをしてはいけません。後から体調を崩してしまったり、基礎代謝がさらに低下して、ますます太りやすい体質になってしまいます。だから、産後ダイエットでは摂取カロリーだけをカットするのではなく、基礎代謝量を上げる努力が必要です。

食事ですが、授乳期は特にカロリーを気にするよりも、バランスを考えて食べるようにします。また、開いた骨盤を締めるのため、下腹部にサポーターやガードルを巻きましょう。座るときも脚を組まずに、姿勢に気をつけます。産後ダイエットは、体の回復も考えて2〜3ヶ月してから体重が落ち始めるペースで行うとよいでしょう。

産後のダイエット2

産後ダイエットってふつうのダイエットとはちがうのでしょうか?。出産を終えてしばらく経って、体重は戻っても体型は戻らないなど、お悩みも様々。妊娠をしている間は、運動はもとより、普段から体を動かすことも少なくなりがちです。

また、お腹が大きくなると、体をねじったりもしにくくなり、行動もゆっくりになります。そうしていると、筋肉量が落ちますので基礎代謝が下がってしまい、カロリーを消費しにくい体質になってしまいます。なおかつ、骨盤が開いた状態にあるので、お尻が大きくなる原因や、下腹部が出たりします。

産後ダイエットは、決して無理をしてはいけません。無理なダイエットに手を出してしまうと、体調を崩したり、基礎代謝を低下させて今以上に太りやすい体質になってしまいます。ですから、基礎代謝を戻さずに、単純にカロリーをカットするようなダイエットは厳禁です。

食事はしっかり3食が基本です。ただ、過食や間食には気をつけます。また、骨盤が開いた状態にあるので、横座りや足を組むのはさけて、姿勢を正して座るようにしましょう。産後の体の回復を考えながら、2〜3ヶ月してから体重が落ちるようにすると良いですね。

産後のダイエット3

産後ダイエットを成功させるコツについて考えてみました。妊娠を理由に食べ過ぎてしまったり、出産前の服が着れないなどお悩みもいろいろ。妊娠中というのは、運動はもとより、なにかと体を動かすことが少なくなりがちです。

お腹が大きくなると、体をねじったりもしにくくなり、行動もゆっくりになります。そうしていると、筋肉量が落ちますので基礎代謝が下がってしまい、カロリーを消費しにくい体質になってしまいます。なおかつ、骨盤が開いた状態にあるので、お尻が大きくなる原因や、下腹部が出たりします。

産後ダイエットは、決して無理をしてはいけません。無理なダイエットに手を出してしまうと、体調を崩したり、基礎代謝を低下させて今以上に太りやすい体質になってしまいます。ですから、基礎代謝を戻さずに、単純にカロリーをカットするようなダイエットは厳禁です。

食事は3食キチンとよく噛んでいただきます。それから、過食や間食には気をつけて。骨盤が開いた状態にあるので、下腹部にコルセットやサポーターをつけましょう。座るときは、姿勢を正して座ります。産後ダイエットでは、体重よりも筋肉量を元に戻すことを心がけると、基礎代謝が増えて自然にやせられるようになります。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM